該当する項目:50件
キーワードorタグ:service_tag

Slackはグループでのコミュニケーションをサポートしてくれるチャンネルベースの企業向けメッセージプラットフォームです。メールとは違い、プロジェクトや組織単位でチャンネルを設定して、チャット形式で会話をするようにやりとりができるのでより効率的なコミュニケーションが可能です。さらに、アプリ連携によりグループでのコミュニケーションのみでなく、個人でのタスク管理も行えますので、個人のスケージュール・タスク管理ツールとしても魅力的です。チームと個人、それぞれの仕事管理を1つのツールで行えるという点は大きな利点でしょう。2,400以上の外部アプリとも簡単に連携可能で、ファイルのやりとりもできますので、ウェブ上で仕事を進めることの多いトラベルワーカーにとっても心強い味方となってくれるでしょう。 セキュリティ対策もしっかりと行えますので、非常に信頼度も高く、世界中で15万社を超える企業が有償ユーザーとして導入しています。
Chatworkは中小企業向けのビジネスチャットツール。その名の通り、チャットを中心として電話や会議などビジネスにおいて必要なあらゆるコミュニケーションを効率的に行えます。ビジネスチャットツールとしては日本国内で非常に高いシェアを誇り、2020年6月時点で国内利用者数No.1となっています。操作性はとてもシンプルでPCのブラウザや、スマホやタブレットの専用アプリなども用意されていますので、あらゆるデバイスからアクセスし、使用できます。メールと違い、チャットなので要件を伝えるのみでなくリアルタイムでのコミュニケーションがとりやすいため、よりビジネスを効率的で円滑なものにできるでしょう。トラベルワーカーにとっても必須ツールのひとつです。
Google meetは、Googleが提供するビデオ会議ツールです。無料で高品質なビデオ会議が可能なので個人、企業を問わず多くのユーザーに利用されています。今日では需要の高まりからさまざまなビデオ会議ツールが登場していますが、こちらのサービスはGoogleアカウントと連携できることから、普段からGoogleのサービスを利用している方にとってとても使いやすいサービスとなっています。 無料で利用できるツールでありながら、高度なユーザー情報保護機能、プライバシー保護機能などが久美子込まれており、通人の内容も暗号化されているためセキュリティ対策も万全です。さらに、小規模なビデオ会議のみでなく最大で10万人のユーザーが視聴できるライブ配信も可能なので規模の大きな組織でも安心して利用できます。
Zoomはビデオ会議ツールの代名詞的な存在です。ここ数年でテレワークが急速に進み、働き方が変化したことによって普及が進みました。各地を旅しながら仕事をするトラベルワーカーにとっても必須のサービスなので、今更ご紹介する必要もないかもしれません。 Zoomの最大のポイントはネットに接続できる環境があれば、さまざまなデバイスから簡単にアクセスして利用できるという点です。複雑な設定なども必要ありませんので、新たに大規模なシステムなどを導入することなく、簡単にビデオ会議を開始できます。さらに、高度な暗号化や操作権限の設定、パスワードの保護といったセキュリティ機能も充実しており、信頼性が高いことから多くの大企業などでも導入されています。
ノートンセキュアVPMは、PCや各種モバイルデバイスでフリーWi-Fiを利用する際にも個人情報を保護できるサービスです。トラベルワーカーにとってセキュリティはとても大きな課題のひとつとなります。常に自宅やオフィスの回線を使用できるわけではないため、フリーWi-Fiなどを使用するケースも多くなりがちです。そこで、個人情報などを含む重要なデータのやりとりに不安を抱いている方も多いでしょう。ノートンセキュアVPMではフリーWi-Fiなどを使用する際にも、セキュアVPNによって金融機関レベルの高度な暗号化を行い、しっかり保護できます。さらに、匿名閲覧機能なども備えられており、ウェブサイト側からの追跡なども防止。あらゆる環境でしっかりとしたセキュリティが求められるトラベルワーカーにぴったりなサービスとなっています。
newmeは遠隔地でさまざまな体験が可能となる普及型アバターロボットです。その名の通り、このアバターロボットが本人の代わりにさまざまな景色を見て、体験できます。さらには買い物なども可能です。まさに、自宅にいながらにしてまるで実際に自分が現地にいるような感覚で利用できます。これまでも、アバターを使った仮想体験はさまざまなサービスで提供されてきましたが、newmeの最大のポイントは実際にロボットが現地にいるという点です。そのため、現実と仮想を高い精度で組み合わせることができます。ロボット本体は軽量でコンパクトなので、どこでも持ち運ぶことができますので、工夫次第でさまざまな形で活用できます。今後、アバターロボットがトラベルワーカーの働き方を変えることになるかもしれません。

詳細情報
Virbelaはバーチャルオフィスを簡単に導入することのできるサービスです。オフィスというと、物理的に事務所などを用意し、そこで実際に人が働いているという形をイメージする方が大多数でしょう。ですが、ネットの普及によってオフィスの形、あり方も変化しています。特に、リモートワークが普及したことによって現実のオフィスが不要となり、ウェブ上でバーチチャルオフィスが構築されるケースも増えています。 このサービスを利用することによって、簡単にバーチャルオフィスを構築して実際に仕事を進めることができます。もちろん、メンバーでのコミュニケーションやデータのやりとりも可能です。ネット環境さえあれば、どこでも仕事ができるのでトラベルワーカーにも相性の良い仕組みであると言えます。
LUUPとは、街全体を駅前化するというコンセプトのもとに、電動のマイクロモビリティのシェアを行うサービスです。現在、渋谷、新宿、六本木、そして大阪の一部エリアで電動小型アシスト自転車と電動キックボードのシェアサービスを提供しています。使い方はとても簡単でアプリを利用してシェア可能なマイクロモビリティを探し、そのまま使用できます。さまざまな場所を移動するトラベルワーカーは、自家用車やバイク、自転車といった気軽に利用できる移動手段の確保が難しいという点がネックになりがちです。そこで、LUUPを利用することでより自由にさまざまな場所への移動が可能となります。現時点ではエリアが限定されていますが、今後のエリア拡大が期待されます。
AVATAR Xは、宇宙関連事業への参入を目指す企業や団体とANA、JAXAが連携することによって新たな事業の立ち上げを目指すプロジェクトとなっています。宇宙開発は世界的に進められており、今後宇宙関連市場は拡大することが予想されています。すでに、このプロジェクトでは宇宙空間での建設事業や、宇宙ステーション、宇宙ホテルなどの運用事業、さらには宇宙空間におけるエンターテイメント提供事業などが進められています。 これから宇宙関連市場が拡大していけば、トラベルワーカーの活躍の場もさらに広がることになるかもしれません。そこで、新規参入を目指す方のみでなくさまざまな場所で活躍したいワーカーの方も注目すべきプロジェクトです。未来を見据えた働き方を目指す方はチェックしておきましょう。

詳細情報
ページトップへ